gainenreisou_02_rexee

397: 僕はね、名無しさんなんだ 2016/02/03(水) 15:04:59
千年黄金樹に描かれてる人って…その 誰?

 

406: 僕はね、名無しさんなんだ 2016/02/03(水) 15:06:11
>>397
多分ダーニック

 

407: 僕はね、名無しさんなんだ 2016/02/03(水) 15:06:18
>>397
ダーニックじゃね

 

415: 僕はね、名無しさんなんだ 2016/02/03(水) 15:07:11
>>406
>>407
ああ Apoの…忘れてた

 

ダーニック・プレストーン・ユグドミレニア
かつて冬木で行われた第三次聖杯戦争において、ナチスドイツ側の魔術師として参戦。聖杯戦争終結後、軍の力まで動員し、御三家と帝国陸軍を排除し大聖杯を奪った。そして与していたナチスドイツすら出し抜き、大聖杯を血族の管理地であるトゥリファスのミレニア城塞に隠匿した。
その真の目的は魔術協会からの支配を脱却し、血族を中心とした大聖杯をシンボルとする新たな協会を組織すること。半世紀以上の月日をかけて準備を進め、魔術協会から一族を挙げて離反し、討伐に向かった魔術師50人を全滅させて宣戦布告を行う。
だが黒のセイバーの消滅という予想外のトラブルに加え、赤のサーヴァント達の猛攻に追い込まれていく。
それによってランサーの禁じられた宝具を用いた捨て身の策を実行し、彼の身体を奪い「無銘の吸血鬼」となって赤のサーヴァント達に牙を向く。だが吸血鬼の本能に半ば支配され、未曽有の災害となった彼に対し、ルーラーは討伐命令を両陣営に発し、六騎のサーヴァントと死闘を繰り広げる。
一瞬の隙を突き、大聖杯の元に辿り着くが、そこで正体を現したシロウに阻まれ、彼の洗礼詠唱によって消滅。
長年の準備の末、第三次聖杯戦争を生き抜いて手に入れた大聖杯を前にして、無念の最後を遂げた。
http://typemoon.wiki.cre.jp/wiki/ダーニック・プレストーン・ユグドミレニア

 

1001:2017/01/23 23:38:58 ID: