372: すまないさん@お腹いっぱい。 2018/02/26(月) 21:23:40
子孫に頼義、義家や為朝、頼朝、義経を輩出し
本人も平忠常の乱を平定している弟の頼信ではなく
史実では武功ゼロの兄の頼光が伝承で武功モリモリになった歴史的経緯が気になる

 

379: すまないさん@お腹いっぱい。 2018/02/26(月) 21:26:34
>>372
実際に大江山の盗賊討伐の勅が出てたり、道長の側近だったから創作の想像が膨らみやすかったんじゃないかな
あとは摂津源氏なのも大きい

 

384: すまないさん@お腹いっぱい。 2018/02/26(月) 21:29:44
>>379
大江山討伐の勅って史実なの?
wikipediaに書かれている成相寺の追悼祈願文書は後世のものっぽいし

 

403: すまないさん@お腹いっぱい。 2018/02/26(月) 21:33:39
>>384
どうなんだろう
当時の人が信じてたかどうかも加味しないといけないと思うし
酒呑童子の首を斬った童子切安綱は坂上田村麻呂→源頼光→足利将軍家→豊臣秀吉→徳川家康と受け継がれてるけど
現代の人からすれば鬼はいない前提で伝説は伝説と思えるけど、当時の人が鬼はいたと思ってたらそれ前提で話を盛ってったのかなと
成相寺のも同じ感じで後世のものと今はわかってても、当時の人が信じてたなら当時の価値観では本物として扱われてたなら、って感じかな

 

449: すまないさん@お腹いっぱい。 2018/02/26(月) 21:45:14
>>403
「当時」っていつ頃を想定してる?
頼光の時代なのか、それよりはちょっと後だけど鬼の存在は信じられてた時代なのか
ちなみに祈願文書は15世紀半ば頃作成と推定されてるらしい

 

402: すまないさん@お腹いっぱい。 2018/02/26(月) 21:33:25

>>372
河内源氏は官職を投げ捨てて兄の危機に駆けつけた感動話と
兄の死後その子や次兄一族を計略で滅ぼした新羅三郎義光をはじめ
その子孫の佐竹、武田、小笠原等と濃い
義家流も足利、新田を出したり義朝兄弟とか変なのしかいないし頼信の血は強すぎる

その一方頼光の摂津源氏は源三位頼政という史実と伝説(鵺退治)で多少目立つ人いたけど
他はあんまり
平家の本拠地攻めるとか多田さんの名前見かけるくらい?

 

374: すまないさん@お腹いっぱい。 2018/02/26(月) 21:24:44
創作を後付けするなら変に有名な話がない方がやりやすいからな、真田幸村しかり柳生十兵衛しかり

 

1001:2018/11/18 23:38:58 ID: