茨木

797: すまないさん@お腹いっぱい。 2016/06/13(月) 09:55:31
茨木童子の親は人間だと思ってたけどまた何か特殊な設定でもあるの?

 

804: すまないさん@お腹いっぱい。 2016/06/13(月) 09:57:20
>>797
母親が人間でも父親が人間じゃない可能性ワンチャン
そして俺様な親父にベタボレの母ちゃん…ただ育て方間違えただけやな!

 

816: すまないさん@お腹いっぱい。 2016/06/13(月) 10:01:55
>>804
茨木が母上が鬼が威張らずして誰が威張るというのだと言ってる
この母上って何者なんだ

 

798: すまないさん@お腹いっぱい。 2016/06/13(月) 09:55:34
茨木ちゃんは世間知らずの箱入りお嬢様なんだ
人間社会がよくわからなくて全部母上と酒呑童子の言うこと聞いてから考えるんだ

 

805: すまないさん@お腹いっぱい。 2016/06/13(月) 09:58:34

母上とかイマジナリーマザーかな?

>摂津の国水尾村のある農家に人の子として生まれた。
>母の胎内に16ヶ月もいたので、生まれた時には歯がはえ揃っており、すぐに歩き始めたという。
>難産だったために母は出産後すぐに亡くなり、父が童子を背にもらい乳をするため村中を廻った。
>童子の飲みっぷりはすさまじく、たちまちお乳が上がってしまうので、誰も相手にしなくなったといわれる。
>父はある日、童子を籠に入れて九頭神の森に捨てた。
>その後床屋の主人に拾われ、床屋として育てられた。
>その過程で血を舐めたことにより鬼の姿に変貌したとされる。

 

811: すまないさん@お腹いっぱい。 2016/06/13(月) 10:00:10

>>805
こっちじゃね?

美男子で知られ娘たちから山ほど恋文を送られていた外道丸こと酒呑童子同様、茨木童子も美少年として多くの女性に言い寄られ、将来を案じた母親に弥彦神社に送られることになった。ところがある時弥彦神社から実家に帰ると、母が行李の中に隠した「血塗の恋文」を見つけた。その血を指で一舐めするとたちどころに彼は形相が変わり鬼となり、梁をつたい破風を壊して逃げていった。

 

822: すまないさん@お腹いっぱい。 2016/06/13(月) 10:03:47
>>811
これも母親は別に鬼でもないし、鬼としての教育をしてるようには思えないが何かしらあるのか

 

814: すまないさん@お腹いっぱい。 2016/06/13(月) 10:01:08
茨木「母上が言っておった…太陽が素晴らしいのは屑さえも輝かせるからじゃと!」

 

817: すまないさん@お腹いっぱい。 2016/06/13(月) 10:02:56
>>814
天の道を往き総てを司る男さん派遣しておきますね

 

801: すまないさん@お腹いっぱい。 2016/06/13(月) 09:56:31
茨木童子のヤクザキックが痛いのも全部母上ってやつのせいなんだ

 

1001:2017/03/29 23:38:58 ID: