72: すまないさん@お腹いっぱい。 2018/04/21(土) 20:31:17
彷徨海、現代の戦乙女、ゲッテルデメルング
北欧関係のワードがぶち込まれる中で
分岐点となったのは紀元前1000年と北欧神話とは関係ない年代
二章は一体どんな世界なんですかね

 

73: すまないさん@お腹いっぱい。 2018/04/21(土) 20:31:53
>>72
そもそも北欧神話の年代って何時頃?

 

80: すまないさん@お腹いっぱい。 2018/04/21(土) 20:35:40
>>73
大体四世紀~六世紀
ぶっちゃけた話型月的に言うならもうとっくに神代の神秘は失われてるな
オーディンもロキも普通に神霊が闊歩してるのをどうするのか見物だ

 

84: すまないさん@お腹いっぱい。 2018/04/21(土) 20:37:32
>>80
アルトリアとほぼ同年代か
神霊が闊歩してるのは時代的におかしいし、ホントどうするんだろ

 

94: すまないさん@お腹いっぱい。 2018/04/21(土) 20:42:47
>>80
つっても神話の舞台になった時代と伝承が記録された時代は区別されるべきだと思うぞ
マハーバーラタは4世紀ごろ成立だけど、
設定的にはBC5000年でギルより古い扱いだし

 

100: すまないさん@お腹いっぱい。 2018/04/21(土) 20:44:54
>>94
いや、舞台になった時代のつもりで四~六世紀と書いたが
伝承として文書化され始めたのは8世紀から13世紀になる

 

111: すまないさん@お腹いっぱい。 2018/04/21(土) 20:48:57
>>100
あらま、これは失礼を
でもあのあたりって記録がキリスト教化でほとんど残ってないはずだし、
神話の設定がそんな狭い時代に限定できるのって何か理由あったりするの?
純粋な興味で聞きたい

 

130: すまないさん@お腹いっぱい。 2018/04/21(土) 20:55:37
>>111
北欧神話の人間の物語で一番有名な部分、ニーベルンゲン伝説(ニーベルンゲンの歌に非ず)関連からかな
古エッダ、ヴォルスンガサガに出てくる国、人物と出来事が史実をもとにしてる
フラグランド⇒フランク王国
アトリ王⇒アッティラ 400年代の人物
シグルド⇒シギベルト一世 ブリュンヒルデ⇒ブルンヒルド 500年代の人物
ブリュンヒルドとグズルーンの諍いは史実でも同じような事があった

 

132: すまないさん@お腹いっぱい。 2018/04/21(土) 20:57:16
>>130
ああー、成程、その辺りからかあ!
ブリュンはヴォーダンの娘だし、確かにラグナロクまだその頃には起こってないってことになるな
詳しくありがとう

 

137: すまないさん@お腹いっぱい。 2018/04/21(土) 20:59:02
>>132
まあブリュンがオーディンの娘なのはニーベルングの指環からで
神話だとアトリ王の妹なんやけどね、フン族の王女様

 

460: すまないさん@お腹いっぱい。 2018/04/21(土) 23:33:10
>>94
マハーバーラタの時代は紀元前1000年頃が濃厚なんだよなあ…
紀元前5000年を主張している学者もいるけど無理があるし、
なんでFGOでは紀元前5000年を採用しちゃったんだろう

 

 

81: すまないさん@お腹いっぱい。 2018/04/21(土) 20:35:49
彷徨海といったらネロ教授…
そしてネロ教授の関連人物として二章にアルクェイドが出て来る可能性もゼロではない

 

83: すまないさん@お腹いっぱい。 2018/04/21(土) 20:36:38
異聞帯の2016年とか?

 

87: すまないさん@お腹いっぱい。 2018/04/21(土) 20:38:06
正確には紀元前1000年にロシア異聞帯の大寒波に相当する「何か」が起きた結果
北欧神話に関連する事象に影響が出たんだろうな

 

1001:2018/09/21 23:38:58 ID: